スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Oblivion日記【5】
盗賊ギルドに加入するには、投獄を経験した前科者になる
必要がある事を教わった私は、宿屋で盗みを働くことにしました。
宿屋の中へ入りました。
ScreenShot35.jpg

初めての建物の中。相変わらずリアルなグラフィックです。
さっそく近くにあった花瓶やらをくすねる事に。
盗み方はアイテムにカーソルを合わせてアイコンが手の形になった時
スペースです。ちなみに赤い手のアイコンは盗みなのですが
黄色の場合は犯罪ではなく普通に拾えるものです。
忍び足モードになっている場合盗みを働くと
周りの人間に見つからないように盗めるそうです。
もちろんスキルが低いと犯罪が露見するようですが。
宿屋なので不法侵入でもないとは思いますが泥棒ですので忍び足モードで
盗むことに。
ScreenShot36.jpg

咎められないかどきどきします。
よく考えたら咎められて捕縛されることが目的なのですが。
ScreenShot37.jpg

見事に成功です。じつにあっさりと。
しかし奥に歩を進めて少し驚きました。人が居たのです。
忍び足モードで正解でした。・・・見つかるのが目的なのですが。
そこらへんは人情です。
ScreenShot38.jpg

人に対して赤い手のアイコンの状態でスペースを押すと
スリを行えるそうです。早速彼女の手荷物を物色。
部屋の鍵?らしき物と果物をもっていました。シケテます。
一応頂きました。
しかし、食事中のこの女性まったくきづきません。
ScreenShot42.jpg

気が大きくなった私は調子にのって彼女の目の前にある
料理やお皿などを次々にくすねました。
ScreenShot43.jpg

しかし、まったく気づきません。
何て鈍いのでしょうか。食事に気をとられすぎです。
仕方が無いので宿屋を辞去した私。
盗品を持って自首をしてみようとガードさんに近寄りました。
特に自首を出来るわけでもなく、世間話をかけられました。
完全犯罪でしょうか。
しかし逮捕されなければシーフギルドへの加入が出来きません。
仕方ないので強行手段に。
ScreenShot48.jpg

もしかしたら逮捕されること無く切り捨てられるかもしれませんが・・。
ガードさんへ抜刀。斬りつけてみました。
これはもう100%まごう事なき犯罪でしょう。
ScreenShot49.jpg

さすがにお怒りのガードさん。手打ちにはされず、一応理性的に対処
して頂けました。おとなしく従うか連行されるか選択肢がでました。
お金が無いので罰金を支払うという選択肢は選べないようです。
所持金20円程ですので当たり前ですが・・・。
当然、連行に従うを選択。
ScreenShot50.jpg

投獄成功~。囚人服~。わーい。あれ?でも

・・・どうやって出たらいいのでしょうか?
そして荷物も全て消えています。私の手荷物はどこに・・・。
所謂押収ですかおまわりさん。私は無罪です返してください・・・。
スポンサーサイト
【2008/01/10 20:43】 | Oblivion | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Oblivion日記【4】
盗賊を目指す私は、とうとう初めての街を発見しました。
中には人がいっぱいいます。
ScreenShot29.jpg

このゲーム自由度がありすぎるせいか何をしていいかわかりません。
そもそもとある事情(このゲームを紹介してくれた友達のうにおさんの策略)
でチュートリアルを未プレイな私はなおさらわかりません。
そういう訳でうにおさんを問い詰めた結果、シーフギルドに入るには
一度ガード(警察官みたいなもの)に捕らえられ投獄される必要が
あるという情報を得ました。
ならば盗みに入ろうと、お金を持ってそうな家を探し、進入を試みることに。
ScreenShot30.jpg

ロックピック(鍵をあける道具)が8本ほど所有していたはずなので
初鍵開けに挑戦です。初期スキルに鍵開けを選んでいましたので
もしかしたらすぐ開くかもしれません。
どうやら鍵開けをするにはミニゲームをしなければいけないようです。
理解するまで少し時間がかかりましたが・・・。
ScreenShot31.jpg

↑のような画面に切り替わり、左からささっている鉄の棒?を操作して
スプリングをうまくはじき、鍵をあけるといった趣向のようです。
凄く難しいです・・・。スキルというよりリアルスキルが必要な・・。
何回か失敗するとロックピックが折れました。ぼきっと。そんなこんなで
ScreenShot33.jpg

任務失敗です。進入できませんでした。
仕方がないので夜でも客を待ち、鍵がかかっていないと思われる宿屋を
探しました。町に入った際に目前にあった建物がどうやら
宿屋の様です。ガードの皆さんに場所の案内をうけました。
ScreenShot34.jpg

さっそく泥棒に入ってみようと思います。悪人まっしぐら~
【2008/01/08 23:01】 | Oblivion | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
Oblivion日記【3】
前回、野盗から装備を奪い皮鎧で身を包んだ私は街を探すために
近くの道に沿って進んでいく事にしました。
しばらく進み、ふと丘のほうへ目を向けると
ScreenShot16.jpg

裸のおじさんが歩いていました。ナンなんでしょうかこの世界は。
プレイし始めて出合った3人が盗賊X2とこの裸のおじさんです。
襲ってくる気配も無いので話しかけてみる事にしました。
ScreenShot17.jpg

何やらご機嫌斜めです。もしかして野盗にでも身包みを剥がれたのでしょうか。
ScreenShot18.jpg

あまりの冷たさにたたっ斬って差し上げましょうかとも思いましたが
それではあまりに短慮と思い直し、剣を収めました。
気を取り直し再び道へ。
ScreenShot19.jpg

いけどもいけども道ばかりです。2度ほど野犬に襲われました。
だんだん日も陰ってきました。夜になったら不気味そうです。
その時、道を歩いてくる騎兵?の姿が
ScreenShot24.jpg

立派な鎧に身を包み、見るからに強そうです。襲われるかもしれないので
身構えていましたが、特に襲ってくる気配はありません。
話しかけてみる事にしました。
ScreenShot25.jpg

グレイフォックスという盗賊の噂と、最近の事件のような噂話を聞きました。
が、特に街がどこにあるという情報はいただけませんでした。
仕方が無く辞去する事に。初めてまともな人に出会いました。
ほどなく日が沈み、とうとう初めての夜に。
ScreenShot26.jpg

この世界には月が二つあるようです。
月は美しいですが何やら不気味です。またいつ敵に襲われるか不安でしたが
特に襲われることも無く黙々と道を進む私。
本当に街が在るかどうか不安になりましたがとうとうそれらしい門を
発見しました。
ScreenShot28.jpg

早速街に入り、立派な盗賊になる為に窃盗を試みてみようと思います。
【2008/01/07 19:31】 | Oblivion | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Oblivion日記【2】
諸事情でチュートリアルダンジョンも出来ずにストーリーもわからず
Oblivionの世界をプレイすることになった私は、とりあえず
開始地点そばの川を渡ることにしました。
橋を渡らないと進めないかとも思いましたが
このゲームは川を泳いで渡れるようです。
無事に渡河したところで音楽に変化が。何やら不穏な空気に。
モンスターにでも遭遇したのでしょうか。あたりを見回すと蟹さんの
様なものが近づいてきます。操作もよくわからなかったのですが
左クリックをしたら抜刀し、再度クリックしたら切り付けました。
蟹さんはあっけなく倒せました。
dwaa.jpg

血糊が私好み・・・。切っ先にも血がああ。
死体をあさった所、蟹の肉が手に入りました。そのまんまですね。
何に使うかはまったく不明です。そして視線を上に上げた先に人影が。
最初のOblivion住人です。早速声をかけてみようと近づきました。・・が。
ScreenShot10.jpg

何やら弓を番えています。気に障る事をしてしまったのでしょうか?
先ほどの蟹さんが彼のペットだったとでも言うのでしょうか。
いきなり攻撃を加えられやむを得ず応戦。初心者に向かって弓で攻撃とは。
何のつもりでしょうか。この悪党は断固として成敗するべきです。
弓による遠隔攻撃に苦戦しつつ近寄り攻撃。
彼も斧を抜き攻撃を加えてきました。
弓を使っていただけあって接近戦には弱い様子。何とかなりそうなところを
彼の仲間?がかけつけ一気に形勢逆転。
wwa.jpg

弓の彼とは一味違う巨大ハンマーの応酬に押され気味の私。
手持ちの薬も尽きてきました。
そこで彼らの名前が表示されている事に気づきました。
「バンデット」と。盗賊か強盗か、そのような意味合いだったと思います。
これはまさに正当防衛。苦戦しつつも剣を振り回し何とか撃退しました。
ScreenShot13.jpg

死体から装備を彼らの荷物を回収。どうやら装備品も奪えるようです。
防具を全て奪い、装着しました。ローブ一枚でいるより彼らの皮鎧のほうが
強そうです多分。装備を剥いだら彼らのグラフィックも変化。
裸体に。
wasad.jpg

まさに敗者の姿。こうはなりたくないものです。ちょっとだけ気分がいいサ○な私。
立派な盗賊を目指す私の第一歩?です。
sobi.jpg

装備もとりあえず整いました。しかし、街がどこにあるかさっぱりわかりません。
ゲームを勧めてくれたうにさんに質問してみたところ
「自分で考えろ!」という返答がありました。
盗賊ギルドに所属したいのでとりあえず町を探し放浪することにします。
ちょっと歩いただけで襲われるような治安の悪い世界ですが・・・。
【2008/01/03 22:53】 | Oblivion | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
Oblivion日記【1】
先日ネット友人のうにおさんから奨められて購入したOblivion。
中々に面白いです。善人にも悪人にもなれるということです。
なにやら色々MODというゲームに色々追加する個人が作ったファイル(?)を
うにおさんに言われるままに追加していったので、オリジナルとは
殆ど違うゲームになっている様です。
うにおさんに言われたまま入れたMODの影響でチュートリアルダンジョンが
プレイ出来ないのでいきなり何の説明もなく始まりました。

ScreenShot1.jpg
↑いきなりチュートリアルダンジョンの出口からです。
操作がまるでわからないのでマニュアルをみながらがんばります。
出口のドアにふれたらキャラ作成画面がでました。
とりあえず色々いじった挙句、もともとのキャラに少し手を加えて完成。
最初から綺麗な人を使えるMODが入っているそうで
普通なら不細工なおじさんおばさんが初期キャラの模様です。
adwada.jpg


↑こんなキャラにしました。リアルの髪型に近くしてみました。
盗賊になろうと思いますのでスキルはそれらしい物を選びました。
鍵開けやら忍び足(?)やらです。

キャラも完成したので早速外に出てみようと思います。

ScreenShot4.jpg


↑何やら綺麗です。こんな綺麗なグラフィックのゲームは初めてなので
コレだけでもわくわくです。

ただ気になる事が一つ。チュートリアルダンジョンも無かったので
何をしていいかわからないのです
いきなり広い世界にほおりだされました。

とりあえず川を渡れないか試そうと思います。
【2008/01/01 18:54】 | Oblivion | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。